すごく良かった!日本一時帰国中、日本の幼稚園で集団行動を学べた/3歳3ヶ月

今回の日本一時帰国のメインイベントは、

【3歳の愛娘を日本の幼稚園に通わせる】こと

でした!

年少さんの下のクラス、ひよこ組さんに、

毎日、約3週間 、

9:30から13:45まで登園しました!

オーストラリアでは、チャイルドケア(保育園)みたいなところに週1回だけ娘を預けてますが、

チャイルドケアは教育というより、

安全に子供を預かる、というのが主旨なので、

集団行動や教育的要素は薄いんですよね。

例えば本の読み聞かせの時間でも、他のことしてあそんでいたら、放っておかれる、みたいな。

ある程度好きなことしていていい、という環境です。

一方、日本の幼稚園は、

「The 集団行動」 日本ならではの、周りにならうという、協調性を学ぶことができました!!

毎日行くのは、体力的にどうかな?

と思いましたが、

娘が1日も嫌がることなく、楽しく行ってくれたのでよかったです!

家に帰ってきてからも、幼稚園で歌ったお歌の話や、お友達と何して遊んだのか教えてくれて、とてもイキイキしていました。

帰りにお教室から、2列になってお友達とお手手を繋いでお母さんを待つ、というのもできていました。

たったの3週間だったのに、

担任の先生方から、手作りの思い出ノートをもらいました。やっぱりすごい、日本!

ちょうど最後の日がハロウィンだったので、

イベントをして一番楽しい日になったみたいでよかったです。

メルボルンに帰ってきてから、

いつもの習い事に行ったら、

前までは先生の話を座ってきいて居られず、立ち上がってフラフラ歩いて行ってしまっていましたが、

日本から帰国したら、幼稚園の成果か、

きちんと最後まで授業を座って聞いていることが

できました!!

すごい日本の幼稚園!!

自由奔放な教育のオーストラリアと

協調性や集団行動を大事にする日本の教育

正反対だけど、うまくどちらも学んで行ってほしいなーと思います。

「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ!」と

日本語で言っていて、

英語よりかわいーじゃん、と思ったり。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です