子連れ旅行★娘と女子旅♫ シドニー→ハミルトン島 カンタス便

メルボルンの飛行機は、ゲート8に到着して、ハミルトン島の飛行機はとなりのゲート9から出発だったので余裕でした♪

私のチェックインラゲージは、メルボルンからスルーでハミルトン島までいくので、ピックアップする必要はありません。

1. 海外ならロスバゲを覚悟して(ロストバゲージ)対策を!!

カナダでツアーガイドしていたときに学んだのは、「海外はロスバゲが多い!」こと。

トランジットがないのに、なぜ荷物が同じ飛行機に乗ってこないのか理解できませんが、トロントにくるはずの荷物がメキシコにいっちゃった、なんてことも多々ありました。笑

北米ではとにかくロスバゲが多くて、毎日のようにクレームしていたので、その経験から、私自身はロスバゲにあっても大丈夫なように、1泊分の荷物(最低必需品、コンタクトレンズや歯ブラシ、充電コード、少しの化粧品など)は、機内持ち込み荷物として準備しておきます。この対策をしておけば、ロスバゲにあっても大丈夫!

ハミルトン島行きの飛行機はふつうのボーイングでした。外の景色も見られて娘は大満足♪

2. カンタスの機内エンターテインメントも機材によってまちまち。wifiが飛ぶボーイングも♪

ハミルトン島行きのこの機材もスクリーンが付いていなくて、 エンターテイメントはないのかな、と思っていたら、お客さんのお手持ちのiphoneやipadに、「Qantas entertainment 」のアプリをダウンロードすると映画やドラマがiphoneやipadから視聴できるとのこと。

帰りの、シドニー→メルボルンの機材は、スクリーンも付いていたし、なおかつ機内でwifiが接続可能!!

Wifi繋がれば、娘にyou tube観せておけるのでめちゃくちゃラク★

子供はyou tubeあれば大抵静かにしていてくれますからね♪

2. カンタスのキッズクラブ☆Joey Club

カンタスのビジネスラウンジの中には、キッズ専用エリアがあります♪

ビジネスラウンジの中にキッズエリアがあるから気を使わなくてすみますね♪

ちなみに、メルボルン、シドニーの空港にはありますが、成田のカンタスラウンジにはキッズエリアがなかったです、、。

飛行機の中では、お絵かきキットがもらえます。

3. 機内ではこれでもかっ!というほどSpoiled!!   You tube お菓子食べ放題の天国♪

電磁波は体に悪いから、ipad やiphoneはなるべく子供に見せたくない。お菓子は虫歯になるし、夕食を食べられなくなるからあまり食べさせたくない。

と日常生活では制限していますが、

飛行機の中は別!!

いかに子供を静かに席に座らせておけるかが鍵なので、あらゆる手を尽くすママトラベラー達。笑

Ipadには、あらかじめ我が子が好きなyou tube動画を落としておき、

好きなお菓子もたくさんリュックに詰めて、

塗り絵やお絵かきの道具なども、

極め付けはパナドールも用意。笑

私はこれで乗り切りました!

4. 離着陸時の子供の耳抜きは、赤ちゃんなら授乳させて、大きい子ならキャンディーを!

離着陸時の気圧の変化で耳が痛くなって泣く子も多いです。

赤ちゃんなら授乳しておけば、飲むことにより耳抜きできるようですが、

大きい子は、チュッパチャプスのようなキャンディーを上げておけば耳抜きできるみたいですよ。

うちの娘は、自分で鼻つまんで「ふーん!」てして耳抜きします。笑

5. カンタス 機内食のスナック なかなかイケる

メルボルン→シドニー便で食べたばかりだけど、また軽食が出ました。

チーズとほうれん草の一口サイズのパンみたいなものでした。

なかなか美味しかったです♡

そんなこんなしているうちに、約2時間でハミルトン島に到着〜〜!

ここまでかなり順調な旅♪

娘と二人きりの女子旅、どうなることやら。

つづく、、、。
—————————————————————-

☆航空券探すならスカイスキャナーが便利です♫☆
一発で比較できますよ♫

航空券徹底比較『スカイスキャナー』



ブログランキング参加しています!クリックしていただけると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

メルボルンランキング


家族・子連れ旅行ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です