オーストラリアの常識!パブリックホリデー(祝日)はサーチャージ(サービス料金)がもれなくかかるよ!

オーストラリアの祝日/パブリックホリデーは、州によっても違いますが、だいたい年に10日ほどあります。

オーストラリアでは、パブリックホリデー(祝日)に外食すると、パブリックホリデーチャージというのが加算されます。(美容室やマッサージなどもチャージされるのかな?)

いわゆる「祝日のサービス料金」といったもの。日本にはないですよね、そんなの。

では、

パブリックホリデーチャージはなぜ取られるの?

なぜなら、オーストラリアでは、パブリックホリデーに働くと、お給料が倍額以上になるからです。時給が30ドルや40ドルとキャバ嬢並みの時給になるため、お店はその分をパブリックホリデーチャージとしてお会計に上乗せしてきます。

わたしも以前、40ドルくらいでパブリックホリデーに働きましたが、暇になった途端すぐに帰されました。笑 従業員はウハウハですが、会社としてはやってらんねーよ、な日ですね。笑

パブリックホリデーチャージはいくら取られるの?

これは法律では決められていないため、だいたい10%〜15%のところが多いです。わたしはいままで15%以上のところは見たことがないですね。

そんなわけで、

オーストラリアの永住者や、ローカルの方なら、誰もが知っている常識のパブリックホリデーサーチャージ。

なのに、先日うっかりこのチャージを忘れて友人と外食をしてしまい、すごい高いランチになってしまいました、、。

友人が遠方から遊びに来てくれたので、ちょっと雰囲気がよいレストランに連れていこうと思い、近所の小洒落たスパニッシュタパスに行きました。

注文したのは、

スパークリングワイン$9

ミニタコス $7 x 3こ

チップス(ポテト) $9

チョリソー. $16.5

アンチョビのクラッカー $12

オレンジジュース $4 X 3こ

ぜんぜんお腹いっぱいにならない量です。

軽く食べる的な量の注文ですよ。

この一口サイズのチョリソーが3個で16.5ドルもするのは少々びっくりですが、15%のパブリックホリデーチャージされることにより、$19とかになるわけですよ!一口サイズのチョリソーが1個 $6.30ですよ!笑

メニューにはこんな小さくパブリックホリデーチャージ15%とりますよ〜〜と書いてありました。笑

合計79.50ドル プラスパブリックホリデーチャージが11.92ドル加算されて、約92ドル!!

というわけで、

パブリックホリデーには、お高め、もしくは高級レストランには行かない方がいいな、、と思いました。笑

もしワイナリーなどの高級レストランに行って、300ドルのお会計だったら、45ドルもパブリックホリデーチャージされますからね、、、。ワインボトル入れられるよね、45ドル。笑

皆さんも祝日のお出かけにはご注意くださいね♪

以前、イースターのロングウィークエンドに、ゴールドコーストに行きましたが、とにかくどこもかしこもパブリックホリデーチャージがかかったので、近場の海外(バリとか)に行った方が得だなーーと思いました。

ブログランキング参加しています!クリックしていただけると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村


メルボルンランキング


家族・子連れ旅行ランキング

—スポンサーサイト—
このブログは、WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』を使っています♫


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です