Brain science(脳科学)を使えば売り上げが上がる!MUPうさぎクラスライブアウトプット・

購入したけど使ってないものってありませんか?

あの時は欲しかったけどあとで考えたらそうでもなかった、必要なかった という経験ありませんか?
「衝動買いしてしまった」と思う物
実は自分で買っている、と思っているものは「買わされている物」かもしれません。

脳科学を理解してビジネスをしよう

ビジネスセンスとは?

スバリ 収益です。

次に「収益というのはどのようにどれだけ」高められるのでしょうか?

収益を高めるための方程式

収益を上げる(高める)ためには何をすれば良いでしょう?

それはとってもシンプルです

(購入数)x(顧客単価)= 収益

沢山売って さらに顧客単価を上げれば収益は上がります。

ではどのように脳科学を使って収益を上げていくのでしょうか?

脳から出る4つの物質を理解しよう

アドレナリン→ 興奮状態

セロトニン→  平常状態

オキシトシン→ 安心状態

ドーパミン →  快感状態

この4つの物質を理解しうまくビジネスに取り入れます。

アドレナリン セロトニン  →購入数

オキシトシ  ドーパミン → 顧客単価

不安や焦りを与えてアドレナリン&セロトニンをうまく使う

顧客に不安や焦りを与えるキーワード

例 「残り3点」 「タイムセール」 「現在4人が検討中」 「不動産希少物件」


不安を掻き立てセトロニン分泌が下がり平常心を失って衝動買いを起こす

あなたのお店や事業は不安を作っていますか?

顕在的ニーズ=見えてる不安
潜在的ニーズ=見えてない不安を見せる

見えている不安ではなく潜在的ニーズを掘り起こすことが重要!

不安を作るセールスフローを確認

不安を作る

例 リフォーム会社の場合 (点検商法)
1、お家の無料点検しています
2 シロアリ 耐震対策してないですね?
3 何年後になると何百万もかかるので気をつけてくださいね。→不安になる
4 (結果) リフォームを売っていないのに売れる

プロスペクト理論 得をするより損をする方が2倍響く

以前にもお話しましたが、人間は「得する」よりも「損する」方が響きます

購入数 x  顧客単価 = 収益
↓      ↓
機会数  x 成約率

購入数を増やすには機会数を増やす
顧客単価を増やすには成約率を上げる!

ではどのようにするか?

機会数を増やす方法

顧客に響くのはどちらでしょうか?どちらが機会をより多くゲットできるでしょう

1 ヘッドスパ今なら1000円ですがいかがですか?

2 ヘッドスパ本日無料でやらせていただきますがいかがですか?

答えはもちろん「無料」です!
無料で機会数を増やそう

無料体験はヘッドスパでなくてももちろんOK
カウンセリング、検査、 試食 、無料で機会をあげましょう

顧客に響くのはどちらでしょう?どちらが成約率が高いでしょうか?

1、今なら10万円お得にリフォームできます
2、今後3000万円費用がかかってしまうかもしれませんよ。

答えは、2今後3000万円費用がかかるかもしれない(不安、損をする)

収益=ビジネスセンス

顧客単価はどうやって上げるのか?

AKB商法

AKBのファンはCDを1枚ではなく、100枚買ったりする!
なぜ一人で100枚も買うのか? →それだけの価値があるから買う!

「2千円を100万人に売る」 のではなく 「1万人に20万円を売る」がAKB商法

どうやって顧客単価を挙げたのか?

ホストクラブやキャバクラに行く理由は?
スキンシップやコミュニケーションを求めているから。人間には必ず必要な物!

オキシトシンとドーパミン!!
→スキンシップなどから出る物質で人間が生きる上で欠かせない物。

AKBに置き換えると、、、
#握手会 #生放送ライブ

ドーパミン → 関心を掻き立ててやる気を出すスイッチ

▼依存性を高めるスイッチでもあるので注意▼

→妄想を掻き立てストーカー
→パチンコで車に置き去り

ドーパミンは毎回触れるものには出ない。 
パチンコやガチャなど、毎回当たるわけでないものにドーパミンが出る

AKB商法では
選挙→ ただのいちファンで応援するではなく関与(参加)する
握手会でわざと素っ気ない態度を取ったり

応援ではなく参加や関与を促すことでドーパミンコントロールすることができる

ブランディング

1 センサリーエクスプレッション&ボイス

会社名、商品名、ロゴ、色形 音楽、シンボル

2 ブランドエクスキューション

接客態度
匂いや客層
店内の雰囲気
PRや広告某タイ
顧客との接点

ブランドを体験してもらう
お客様と共にブランドを作る

AKB総選挙のようにドーパミン戦略にシフトすることが大事!

ブランド体験とは?

経営者ストーリーカタログ (例 COCOシャネル)
顧客カスタマイズをいれる (カフェで好みを覚えている)
顧客をしたの名前で呼ぶ
SNSでタグ付メンション (お

A 獲得
A 活性化
R 継続
R 紹介
R 収益

ーーまとめーーーーーーーーーーーーーー

世の中のほぼ全ての購買は買わされている
不安を作るセールスフロー
購入数 x顧客単価=ビジネスセンス(収益)
顧客単価を上げる =ドーパミン
ブランディングで付加価値をつける
ブランディングは顧客と共に。
AARRRはドーパミン分泌が重要である!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、MUPうさぎクラスアウトプットでした!

MUPうさぎクラス(社会人のためのビジネススクール)は
 マーケティングから経営、投資、ユーチューブやインスタグラムなど多岐に渡って学ぶことができます。

入会したい方、入会方法が分からない方はこちらの記事をご参考にどうぞ。

MUPビジネスカレッジ、竹花さんについての記事はこちら

☆ブログランキング参加しています!ボチッと応援お願いします!


人気ブログランキング

格安ドメインをお探しの方へオススメ!Raychanmamaもムームードメイン使ってます♩


プロもオススメ♩高性能レンタルサーバー♩ raychanmamaも使ってます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です