日本語の幼稚園【土曜校】のお受験の結果発表〜!!

皆さまこんにちは! raychanmamaです!

以前ブログに書いた
日本語の幼稚園 通称土曜校のお受験に参加したと書きましたが
あっという間に結果発表の日になりました!

今回 私の娘が受験したのはサンドリンハムになります。
今後受験される方のお役に立てればと思いログを残しますね。

メルボルンの土曜校ってなに?

メルボルンには土曜校(日本語の補習校)と呼ばれるものが
サンドリンハムとオークリーと2箇所にあります。もともとメルボルンの土曜校は、オークリーにあるところだけだったのですが
日本人が増え過ぎて受け入れができないため、待機児童救済のために
スワン先生(校長先生)がサンドリンハムに新しく土曜校を設立したそうです。

当初はオークリーで受け入れきれない子供達をサンドリンハムで、
という考えだったと思うのですが、
サンドリンハムも近年では定員の3倍以上の希望者に。
小学部はどうかわかりませんが、幼稚園部は相当な倍率になっているようです。

どちらの学校も日本の文部科学省から補助金をもらっているため
「現地駐在員の子供の受け入れは必須」となります。

なので、幼稚園部、1クラス20人x2クラス=40名
定員のところ、
だいたいの数ですが、駐在員さん10名ほどを差し引くと
永住者枠は30名。

応募者が100名前後と想定すると 永住者枠が30名となるので、
70名は落選、3人に1人が合格となります。

 

受験までの流れ

サンドリンガム、オークリー共に8月に学校説明会がありました。
説明会を聞いて受験するか決めたらいいと思います。

そのあと、願書を提出し、面接日の連絡がきます。

面接の流れ オリエンテーション サンドリンハムの場合

サンドリンハムは9月中に面接がありました
応募者が多かったため、2週に分けて 1日4回(午前2回、午後2回 各10人前後)で行われたようです。

受付を済ませて 時間になると子供達だけが別の部屋で先生と一緒にクラスをします。(30分くらい)
先生が2人いて、一人の先生が遊びの指示をだし、後ろの先生が点数表を記入するという感じだと思います。

評価の内容は、「きちんと日本語が理解できているか」というところがポイントだと思うので、
先生が 立ってくださいー座ってくださいー頭触って ほっぺ触ってーみたいな指示が理解できないとアウトだと思います。
泣いちゃってお父さんお母さんと離れられないこもかなり評価は厳しいと思います。

面接の流れ  先生との面接 サンドリンハムの場合

オリエンテーションが終わると次は 校長室で先生との面接があります。
オリエンテーションが終わってから1時間くらい待ち時間があって、娘が飽きちゃって暇をつぶすのが大変でした、、。
お菓子とかお弁当とかおもちゃとか、とにかく何か持っていくことをオススメします。
外に遊具もあったのですが、あいにく雨だったので、あまり遊べず、、、、。

面接は、校長先生と担任になる(?)先生と私と娘4人での面接でした。

まず 先生が
「お名前は?」 「何歳?」と娘に質問。
娘は 名前と 年齢を日本語で答えました。

そのあとは、親の面接で
説明会に参加したか、オークリーの説明会に行ったか、オークリーを併願したか、
なぜサンドリンハムの方がいいと思ったのか、日本語教育について何か特別なことをやっているのか、
家庭内の主な言語は何語か?

というような質問を答えて10分程度で終了。

反省点としては、
オークリーを併願していない、と答えたことがマイナス点
そして、日本語の教育について、日本語クラスや日本の幼稚園に通わせたことなどを言うのを忘れてしまったのがマイナス。

プラスとしては、
うちは日本人夫婦なので、家庭内言語は100パーセント日本語、英語はあまり話せない、日本語が強い、日本のテレビをリアルタイムで見れるように契約しているので日本語のTVを見せている、とアピールしたところ。 家庭内の言語が日本語なのはとても大きなメリットだと思う。

先生方も、1日何十人という面接をするので大変ですよね、、。
多分もうこの時点で、合否は出ていたと思います。

絶対大丈夫!受かるよ と周りに言われていた娘の受験結果は?

うちの娘、人見知りしないし、ユーチューブチャンネルやってるくらいなのでめちゃくちゃ日本語喋るので、
他のママ友さんや お友達から ●●ちゃんなら絶対大丈夫!!
と言ってもらえて。
受験で周りを見た感じ、ハーフの子達が多かったし、受かるかなーって思って
娘には、「来年から日本の幼稚園に行けるよー!楽しみだね!」 と言っていました。

去年10月に日本に一時帰国の時に地元の幼稚園(私が通っていた母園)に1ヶ月だけ通わせたのですが、よっぼど楽しかったみたいで
いまだに一人で幼稚園ごっこするんですよ!
だからぜひ土曜校には入れてあげたくて。

で、前置きが長くなりましたが、

娘の土曜校の受験結果は、、、、、

.

.

.

.

.

 

不合格でしたーーーーーーー!!!

娘よ、ごめん!! 期待させてほんとごめん!!!

合否の結果は、Emailで送られてきました。
メール本文には、合否結果は書いておらず
添付ファイルがついていてそちらに 不合格 と書いてありました。

しかも、ウェイティングリスト(補欠)もすでに選出されているらしく
補欠にも入ることができませんでした。笑

まぢかーーーーーーー笑

娘よごめん!!!!!

と言うわけで、初めてのお受験に破れた親子でございます。
すみません、合格じゃないので、お役に立つ記事ではありませんね。笑

ちなみに、私の他にも
日本人夫婦で家庭内言語日本語100パーセントのカップルがいますが
うちを含め3人全員落ちました!

他のハーフのお友達たちも全員落ちていて
私の周りには誰一人 合格者はおりません。

まとめ

日本語の幼稚園は日本語が話せても合格しない

そして、いろんな人にリサーチした結果
娘が不合格だった理由(有力説)を突き止めました!!

それは

面接に主人を連れて行かなかったこと!!!!

サンドリンハムは 「両親が揃って熱心に子供の日本語教育を応援するかどうか」というのをすごく重視しているそうなので、
「母親だけの面接=父親の熱心さがわからない」という結果になり、おそらく不合格を招いたのではないか と推測します。

来年受験される方は、
ぜひご両親揃っての面接参加、そしてご両親共に日本語教育に熱心に取り組んでいるというアピールをされると良いと思います!

★どんまい!頑張れっと思ったらぜひ応援クリックお願いします!
ブログランキング参加してます!


人気ブログランキング

2 件のコメント

  • うちも落ちました。友達三人も落ちました。面接も、反省点もいくつかあるものの、日本語が強いこと(実際にそうだし)等アピールし、特に思いあたる失敗点も思い浮かびません。息子もちゃんと日本語で受け答えし、ニコニコしながら静かに座っていたし。いったいぜんたい、どういう子が合格なのだろう、と素朴に疑問が浮かんで仕方ありません。というか、何がポイントなのですかね?まじで。例えばじゃあ、親の職業とかも見てるわけ?と勘ぐってみても、それならうちの旦那、すっごいちゃんとしたお堅い仕事だし。。。

    ひとつ上の学年に通っている知り合いもいて、その年に落ちた知り合いもいますが、その子たちに、なんの違いがあったのか、比べてみてもさっぱりわかりません。まあ、4歳児に差なんてないわけで、比べたりするのがそもそも無理があることなのでしょうけれど、それをあえて無理矢理選んでいるとして、何が合否を分けているのか、もう、推理小説の結末並みに知りたい。分かった、落選ね、はい、それはもう仕方ないですから受け止めます、でも、教えてください、ポイントは何なんですか!?という気分。というか、なんなら、くじ引きでいいんじゃ?と思ったり。その方が逆にスッキリ。

    • ばぶさん コメントありがとうございます!
      今回は残念でしたよね、、と言うか周りのお友達も落選ですか。
      厳しいとは聞いていましたが、ほんとに周りで一人も受かってる人がいないので、受かった人がいるのか?とさえ疑ってしまっていますw
      私の計算では、3−4人に一人は受かる計算なので、知り合い5人いたら一人くらいは合格者がいてもいいような感じですが全員落ちてるし。
      思い浮かぶ反省点もう一つ何ですが、オークリーを併願してないと言ったので、もしかしたら、そこでふるいにかけられたのかもな、と思っています、
      まずは、併願していない人が落選、そして併願している人の中からの選抜、、だったとしたら、私の周りが全員落とされたのは納得、です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です