ワーキングホリデーの準備いろいろ

オーストラリアのワーキングホリデーを100%楽しむためにやっておくといいなと思うことリスト。

1.英語の勉強
オーストラリアで語学学校に通うと、物価が高いため学費が高くつくので、節約のため
日本にいるうちにオンラインの英会話などで少し英語に慣れておくのをおすすめします。
【スモールワールド・オンライン英会話家庭教師】




語学学校に入学する際に、プレイスメント(レベル分け)のテストが行われますが、このテストで
初級~中級に入れられてしまうと
アドバンス(上級)まで上がるのに時間がかかるので、学費がとってもかかります。
ちなみに、アドバンス以上でないと、レジュメ(履歴書)に書いても意味がないです。

2.オーストラリアに行く前にフィリピン留学をしてみる
物価が安く治安がよいフィリピン留学がとってもお得です!
まずはフィリピンで英語を習得してから、オーストラリアに来るといいのでは?
知り合いの女の子がフィリピン留学ですごいペラペラになっていました。

0円留学とかすごいですよね。まさにGive and Take.私の時代にもこんなプランがあったら
良かったのにな。ふら~っと海外に行けちゃう時代なんですね。

0円と言えども、ビザ代など実費がかかっては来ると思いますが、それでも相当安いと思います。
相談、問い合わせはもちろん無料ですので、興味のある方は、こちらから問合わせてみてください。(日本語でOKですよ)
↓↓



体験を通して生きた英会話を学ぶ唯一のフィリピン留学



本格的な留学の前にまずは0円留学


3.シェアハウスで暮らしてみる

海外では、1人暮らしよりシェアハウスが主流です。
私もいままでホームステイやシェアハウスでお世話になりましたが、
初めは日本人ならでは(?)の 物事をはっきり言えない という特性から
ストレスがたまって体調を崩したりもしました。
日本にいるうちにシェアハウスで生活してみて、赤の他人と暮らすということに対して免疫をつけておくのもいいと思います。節約にもなるし♫



4.リゾートバイトでお金を貯めてオージーと友達になる

スキーシーズンの北海道ニセコは、オーストラリア人で溢れています。
スキー、スノーボードをするためにワーキングホリデービザで日本に来ているオージーもたくさん
いるのでお友達になれるかも。
お金も貯まるし一石二鳥。


5.海外旅行保険に入る

医療費すごく高いです。
保険入ってこない方も多いと思いますが、万が一のために。救急車も有料なので、一回10万円くらいかかりますよ!
AIUの海外留学保険

後編へつづく。

たびらいツアー予約





TripAdvisor (トリップアドバイザー)




直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン




JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。















ブログランキング参加しています!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村